忍者ブログ

30代男が生きる意味を徹底して考えるブログ。

   
人の多様性について(09社会悪をどう考えるべきか)
今日の一言「未定」

社会悪を多様性はどう考えるべきか

 この一連の記事の最後に、いつものごとく、極端な例を考えてみよう。
 人を殺すことが、命を奪うまでに残虐な拷問を加え、苦しむ姿を見ることが大好きでやめられない人がいたとする。
 排除すべき悪であることは間違いないが、「多様性」の考え方は、これに対してどう回答すべきか。
 前提として、ルールも、共通価値も、否定されるものではない、ということだ。
 上に書いた通り、ルールも、人の偉大な発明の一つだ。
 だから、人に害をなす存在は排除する、というルールはあって然るべきだろう。
 しかしそれでは、ルール>共通価値>多様性(個人価値)という図式とならないだろうか、なってしまいがち、であろう。
 だから、ルールは可変であるべき、ということについては、共通価値として、「教育」されなければならないと思う。逆に言えば、ルールと教育はセットでもある。だからゆえに、特定の国や価値観を排除する反教育は、全くもって下劣で理に反しているといえる。
 教育は、「仕組み」を教えるにとどまるべきであって、思想の埋め込みであってはならないのだ。
 いや、過去にそれが共通価値として正しい時代もあったので、過去永劫間違いであるという意味ではない。
 ただ、ここまで書いてきた通り、何か一つの目的や価値に全人類を合わせる、というのは、根源的に不可能である、と思われる、ということである。
 それが可能であると思う人も多いのだろうが、歴史を学んでもう少し考えて欲しいと思う。歴史が嫌いな人は、身の回りの組織や、集団(家族や、友人たちとのことだっていい。いろんな人がいなかったろうか)のことを考えて、少し敷衍できる能力があれば分かるだろう。
 ここで、個人的な価値レベルと、宗教とか、資本主義とかそのレベルの大きな目的や内容であれば、共通性をもたせられると考える人もいるかもしれないが、それが、こののち数万年単位で普遍であると、どこまで信じられるかが問題である。
(かっこ書きである。未定)

拍手[1回]

PR

  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
プロフィール
HN:
遠藤
性別:
男性
自己紹介:
カウントアップ
カウントダウンタイマー
創作カウントアップ
カウントダウンタイマー
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1
4 6 8 9
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/08 イミフ]
[11/07 遠藤]
[11/07 イミフ]
[10/22 遠藤]
[10/21 みゅう]
[10/20 遠藤]
[10/15 白銀]
[10/12 遠藤]
[10/09 白銀]
[10/01 遠藤]
[09/24 イミフ]
[09/17 遠藤]
[09/17 遠藤]
[09/13 白銀]
[09/13 白銀]
[09/10 遠藤]
[09/10 遠藤]
[09/10 遠藤]
[09/10 白銀]
[09/10 白銀]
[09/04 バール]
[09/04 バール]
[09/04 遠藤]
[09/01 バール]
[08/14 遠藤]
Copyright ©  -- 生きる意味を徹底して考える --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

アクセスランキング