忍者ブログ

30代男が生きる意味を徹底して考えるブログ。

   
人生は苦しみである
ログ転載
2007年2月3日14:03

14:03

 とにかく、気付いたことがある。いや、分かったことだ。

 楽な仕事なんてないし、楽をして生きられることなんてないのだ。

 この世の中は苦しみに満ちている。どこまでいったって、ずっと永遠に苦しみが続くわけだ。
 なんて、仏教の一切皆苦と同じことなのだけど、言葉じゃなくて、実感として分かったよ。

 公務員なら楽、先生ならきついとか、そんなことを考えるようではもう 自殺 するしかない。
 死ぬしかないのだよ。

 分かってたんだけど、忘れてた。

 思い出したよ。
 人生は、特に、ボクの人生は苦しみしかないのだ。

 その苦しみの中で、どう苦しみと付き合っていくのかを、それを考えるしかなかったのだ。


 OK。

 そして、今できることは、自分をコーディネートすることだ。自分を創る、というわけだ。いや、造る、うーん、どうも「つくる」の感じの違いが難しいんだけどw

 まぁ、組み立てていくという意味では、造るなんだろうか。まぁ、とにかく、「つくる」んだ。

 身体も含め、生活習慣も、癖も、行動パターンも、考え方も、知識も、すべて、つくるんだ。
 それができるのは、僕に理性があるからだ。

 アイデンティティが問題になる。
「自分とはだれ? なに?」

 といったもの。
 知らんがな。というのが答え。

 つまり、自分は、自分でつくるものなのだ。

 自分は、自分でしかない。生まれてしまったんだから、もう仕方がないじゃないか。
 取り返しはつかないよ。

 やめたいなら、自殺すればとりあえず身体は壊すことはできるな。

 ただ、自分が生まれたという事実は消えないし、どこにも逃げられないんだよ。

 ということで、自殺も無駄なんだ。そう、この苦しみに満ちた世界は、どこにいっても逃げられないのだから。

「世界」というのも、ちょっと違うけどね。事象的な世界ではなくて、ボクの中に存在する世界のこと。
 それは、どうやったって消えないのだから。


 ということで、自分をつくっていこうと思う。

 これから先、今の自分じゃあ創造できないくらいの恐ろしいことや、つらいことが待ち受けているだろう。
 OK、かかってこいや。
 俺は、負けないぞ。負けるはずがなかったんだから。

 だって、しんだって、それで、自分で負けを認めなければ負けじゃない。

 どこまでも、どこまでも戦っていけるのだよ。

 20年考えてきて、この程度しか思いつかないといってしまえば、それまでだけれども、でも、自分ひとりでたどり着いた答えは、外から享受されたものとは全く違う。
 大きな、大きな答えになる。

 

拍手[0回]

PR

  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
プロフィール
HN:
遠藤
性別:
男性
自己紹介:
カウントアップ
カウントダウンタイマー
創作カウントアップ
カウントダウンタイマー
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 7 8
12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Copyright ©  -- 生きる意味を徹底して考える --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

アクセスランキング