忍者ブログ

30代男が生きる意味を徹底して考えるブログ。

   
人間嫌いと障がい者を感動ポルノに
しょうがいを持った方でも、必死に生きているという番組を、感動ポルノだとして批判がされた、という。健常者でも、しょうがいしゃでも、ともに怒ったり笑ったりするのが本当の感動だと。


先日、被爆者の特集をメモしたが、同じ構造である。と、書くと上から目線だけど、まぁ、そう思う。今さら何を、と。

まぁ、それが少なからず、いまの幸せの享受の確認になるというのなら、意味があることだ。いつもながら批判する気はない。世論形成はエリート学者や政治か、芸能人、小説家に任せておけばいい。



例えば、人間嫌い、とか、モリエールじゃないんだから、別に公言する必要がない。
二分法によれば、ポジティブネガティブ、ポジティブがいいに決まってる。

人間好きか嫌いか、っていったら、取りあえず好きっていっときゃいい。それが、社会性だ。

繰り返すが、それが悪いことでは消してない。先日出会った女の子は、おやとも喧嘩別れか死別して、友人もいなくなり、仕事でのしあがったと話していた。
そのエピソードは衝撃的で、興味深かったが、最後にいっていた、人間が好き、という言葉が印象に残った。


それは、全人類好きとかいう意味ではないだろう。
嫌いなひともいるけど、たいていは好きなひとが多い、という意味に過ぎない。


というのは、好きも嫌いも、相対でしかない。

ただ、感覚的に、人間が好き、といった方が聞こえがいいのだ。



自己の抑圧




本当は、そのぶつかりあいを、体で感じて成長すれば、自己と現実とのズレが少なく、思考の生じも最小限だったかもしれない。

と、思いすぐさま、え、でもあの頃の軋轢とか喧嘩とか、孤立とか融和とかは、自己を確立するエピソードではなかったのかと、思う。

結果的に、どうすれば人とうまくやれるのか、を考え、実践しているだけだ。

そもそも、過去的な事象を、美化してとりあげても意味はない。過去に意味を与えるのは、現在の主体意識である。


ひぐらしの鳴く動画みてたけど、彼らの声は本当に郷愁を感じさせる、が、やっぱり、現実の見た目は気持ち悪い(笑)


なんの、話だ、ああ、社会との、軋轢とか、ずれとか、そういう話か。

メモしようとしたのは、好きか嫌いか、っていえば、好き、っていったほうがいいが、本当に、自分としては、どっちが、自分の実感にちかいのか、それに真実に、よく耳を傾けろ、ということだ。

それはもちろん、好きな食べ物とか、嫌いな食べ物とか、そんな、一般に嫌いということを許容されている事象ではない。

概念的な、生き方とか、価値観とか、道徳、思考、そういった、人間の基軸、と思われているようなこと、それを本気に考えろ、ということだ。

それは別に、公言する必要はない。ただ、頭のなかだけでコネコネしていても、漠然性から抜け出せない、というのは、殊更全く、自分の能力不足に思うが、まぁ、そういうときに、文章が役立つと思う、


そういう意味で、自分をつくるブログの書き方、とかタイトルで本を書いたら売れるだろうか。需要はなさそうだ、てか、もうありそうだ、かっこわらい。


そして午後



なんだか、身体が調子がよくない。太陽に当たったり、天気雨にあたったり、よくわからない不安定な天気のせいか。

もうひとつ、肩凝りが、たまりにたまった。こうなると、湿布をはらないとかいふくしない。


さて、次の移動場所まで、残り二時間か。
そのなかで、何を書くか。

こんな、隙間時間を利用して、文字を書くことに使うのは、どうなのかな。と、、思うが、いまの、最優先事項だ。


絶望について、

必然期待について、

不透明な時代について、

生きる意味を考えることについて、

ここまで書いた。

次は、理想的な自己とはなにか、についてか。

しかし、これを書く気が起こらない。というのは、なにか、途中に置き忘れた感情があるのだ。


うーん、いっそ、あやふやなまま、投稿してみるかな。いやいや、それは流石によくないだろう。あくまでも、投稿するなら、随筆といっても、作品であるべきだ。

吉田さんの徒然草は参考になる。

あれは、なんか世の中、ばかみたいだな、ってしゃに構えて、日々、思ったことをエピソードを交えて書くのだ。

気づいたら、自分の書くのも、同じ感じになってる。こんなことがあった。で、それってこういうことだと思う。でもさ、そもそもこれを考えなきゃいけないんじゃない? みたいな。


十三、14世紀ぐらいの作品。
すごいよね。紙も貴重だったろう、しかも、筆でしか書けない。書き損じとかなかったのかな。

それを思うと、昔の人って、やっぱり、記憶力が重要だったのだろう。現代ほど書くということが、手軽で無かっただろう。
ルーチンが、より重要だったのだろう。


拍手[1回]

PR

  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
プロフィール
HN:
遠藤
性別:
男性
自己紹介:
カウントアップ
カウントダウンタイマー
創作カウントアップ
カウントダウンタイマー
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 8
13 14 15 16
19 20 22 23
26 27 28 29 30
Copyright ©  -- 生きる意味を徹底して考える --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

アクセスランキング