忍者ブログ

30代男が生きる意味を徹底して考えるブログ。

   
すべてはむだごと
今日の一言「91days見終わった」「何だか安心して見れるヤクザ・マフィア映画って感じ」

ラストシーンはどうなったのか

 敢えてネタバレサイトとかは見ていないけれども、果たして、すべてを失ったネロ(マフィアのドン)は、仲間だったと思っていたアヴィリオに裏切られ、海岸で、最後、どうしたのだろうか?
 結局明かされずに終わる。

 いやぁ、まぁ多分、撃ったんだろうなぁ。(発砲した、という意味ではなくて、殺害したという意味)

 何で捕らえてから、中々殺さなかったかというと、きっと、復讐を果たして抜け殻のようになってしまったアヴィリオを、その状態で殺しても、殺された仲間が浮かばれない、とか思ったのかもしれない。
 だから、ある程度生きがいとか、何かを与えて、少し、「生きること」の希望が芽生えさせた段階で、殺してやろうと思ったのかもしれない。ちょっと陰湿な気もしなくもないが、それが、仲間想いのネロの「けじめ」だったのだろう。


 とはいえ、砂浜のシーンで、足跡がどうなったか分からないままである。
 きっと、「帰る」足跡が、一人分しかないことによって、殺したのだということを示唆するエンディングなのかなぁと思ったけれども、何と、帰りの足跡の描写が一切なかったのだ!
 二度見直したから間違いない! 行きの二人分しか足跡がないのである! これは何故か?

 帰りはちょうど硬い土を踏んでいったから足跡がつかなかったのか?
 忍者がやるような、戻り足で帰ったのか? いやそんなことをする必要が分からない。

 謎だ……。

91daysというタイトルの意味は?

 この作品を見ましたーと書いてくださった方の記事を読まなければ気付かなかったろうが、1day、2dayと、各話ごとに話が進んでいくのである。なるほど、じゃあ、91話分放送するのか?! という突っ込みは中々面白かったけれども、そんなことはなくて、12話で完結なのである。
 じゃあタイトルの約3か月間というのは何なのか?
 禁酒法時代のマフィアの話だということなので、そういえば禁酒法って結構短い期間で廃法になったんだっけ、と思って、もしかして3か月だけの法律だったのか? と思ったら、大馬鹿恥さらしであり、1920年~1933年までの期間であった。

 うーむ、じゃあやっぱり何だかわからないなぁ、と、そのサブタイトルに触れられた方の記事を読んだときは思ったのだけれど、見終わってみて、ああ、もしかして、この話自体が、禁酒法が解禁になる大体3か月前のお話、ってことなんだろうか、と思った。

 話の中でもしきりに、「そろそろ禁酒法も終わるらしいぜ」「政府のお偉いさんからの情報だ」みたいな話が流れるのである。
 そうすると、12dayで話は終わるけれども、残り、20日ぐらいで禁酒法が廃止、ということなのだろうか。

 もしくは、アヴィリオが復讐に、ローレス街に戻ってきて、復讐を果たすまでが大体3か月と言われていたので、この作品自体が3か月ぐらいの期間を扱ってますよ、という意味で「91days」というわけなのだろうか。
 でもそうすると、1day、2day、……というサブタイトルは何なのか? やっぱりあまり意味がないのかもしれない。

すべてはむだごと

 作品の内容はともかく、無常観がある作品だなぁ。
 復讐のためだけに生きて、親友をも手にかけてしまうアヴィリオさんだけど、結局復讐を果たして、抜け殻みたいになってしまう。

 すべてを失ったマフィアのドン、ネロ。彼が仲間も家族も失って言う台詞が「生きてることに理由なんてもんはいらねえ。ただ、生きるだけだ」、と。

 すべての元凶の復讐の相手であるネロの父親が、倒れる前に言う台詞が「すべてはむだごと」、と。

 まーでも、ホントそうですわなぁ。

 ただ、生きるだけであって、そして、すべてはむだごとですわ。そんなもんですわ。そんな中、それでも、事象事物に一喜一憂して生きてくんですわ~。


 ってな!
 悟った風に思ってたこともあったし、いや今もこの作品みてそんな風にも思ったけど、まさにその意味において、逆に、それらの台詞に「否」といってやりたい。

 すべてはむだごとで、生きる理由なんてなくただ生きるだけ、であるがゆえに、意味を求めてやろうじゃねえかと。いやそれでもダメなら、意味を創り上げていくか、逆に求められる意味に気づいていくかしてやろうじゃないか。

(ただのアニメ鑑賞に意味を求めるのは如何なものか)

拍手[1回]

PR

  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
No Title
 公式ページ見たら「91日間の物語」とか書いてたので、特に何のひねりもなくそういう意味だったのでしょうww
 当方も「タイトルの意味わかんなかった」とか書いててこっぱずかしい話です。じゃあ各話サブタイトルは何なんだよ畜生!(負け惜しみ)

 行きの分しか足跡がなかったというのは気付きませんでした。つまり二人とも死んだことの暗喩……?
 というより足跡が途切れたところにアヴィリオの死体が転がってないのはおかしいので、やっぱ撃ってない? ではなぜ足跡は途切れている?
 あの足跡の情景が比喩なのか現実なのかがわからないのでなんとも言えないですねー。シグルイのラスト並みにわかりづらい。
しぐるいのラスト
シグルイは分かりづらかったですね!
見終わって、えぇ! 何故そこで自死!? と、すぐさま解説サイトを探してしまったほど衝撃的に分かりませんでした(笑)
  • 遠藤 さん |
  • 2017/02/18 (15:30) |
  • Edit |
  • 返信
プロフィール
HN:
遠藤
性別:
男性
自己紹介:
カウントアップ
カウントダウンタイマー
創作カウントアップ
カウントダウンタイマー
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Copyright ©  -- 生きる意味を徹底して考える --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]

アクセスランキング